生きづらさ、人間関係などAC(アダルトチルドレン)のカウンセリング 千葉県市川市 行徳駅から徒歩5分

行徳セラピールーム 千葉 市川市

ご予約フォームはこちら

受付時間: 9時 ~ 21時(平日)

セラピーの使い方

 | 

なぜ人はナマミの人と出会うと恐ろしいのか、ナマミの人間関係はお互い影響をし合うからです。心が揺れたり、関心を向けられることに戸惑ったり、性的に感じるほど相手が好きになったり、それを恥ずかしくなったり、今まで感じることを避けてきた、自分の感情を生々しく感じることは恐ろしいのです。

その中には怒りや嫉妬、恥など、いい人だと思っていた自分が崩れるような生の感情も含まれますから、それを避けたくなるのは当然です。


役割で接していた今までの人間関係とは違う関係性を作っていく中で、主訴として持ってきた症状や、生きづらさをどうにかして欲しいという、相手に一種の丸投げ状態に気づく必要があります。セラピストが治すのではなく、治るのはあくまでも自分です。

ですから、洋服のボタンのように、症状を取ったり、治したりすることはセラピストにはできません。

では心理セラピー(技法)は何かといえば、その生身の関係性を引き出すための装置(ギミック)くらいのもので、その技法だけで症状が良くなったり、とれたりすることはないのです。


セラピーでやることはクライアントと今までとは違う人間関係を作ることです。

と同時に、セラピスト側も同時に、自分はクライアントを治せない無力を感じる必要があります。症状はそれまで培ってきた人生の中で必要があってあるものですから、セラピストに少し会ったからなくなるわけがありません。

セラピストの無力感は、クライアントが自分の中に治っていく力があることに気づく時なのです。

それはセラピストの有力さに頼るのではなく(依存するのではなく)、立場や役割を超えた、生身の人と人との関係を作っていくときに出来るものです。

セラピストとの関係性の中で、感じる生の人間関係がその人に影響を与えるわけですし、当然セラピストも影響を受けているのです。その相互の感情の交流、生き生きとした人間関係の中で、主訴はあっても問題ではなくなっていきます。

そのような賢兄が出来たときは、必然的に、セラピスト以外の人間にもそのような生き生きとした人間関係が作られていく(例えば、好きな人が出来た、やりたいことが見つかったなど)からです。