生きづらさ、人間関係などAC(アダルトチルドレン)のカウンセリング 東京都品川区 大崎セラピールーム

新型コロナウイルスによる感染リスクを懸念し、

現在、対面でのカウンセリングを中止しております。

全てスカイプカウンセリング でのご対応となります。

ご予約フォームはこちら

電話:03-3444-5925

受付時間: 9時 ~ 18時 

男らしさの病

 | 

最近では、大分、男らしさ、女らしさと言わなくなりましたが、それでも私たちはジェンダーに囚われていると言えるでしょう。

男であればこうであらねばならない、こうあるべきだという誰かに強制されたわけではないけれど、無意識に思い込んでいる男性意識に縛られています。

男は強くなければならない、負けてはならい、努力して苦難を乗り越えて勝たないといけない、女性より劣っていてはいけない、金持ちじゃないといけない、頭が良くないといけない、女性にもてなくてはいけない、などなどです。バカバカしいと思いながらもこれらの標語に囚われています。

 

さらに高度成長期を通った現代の日本では、過度に大学受験、高学歴に価値を置いたので、勉強できる人が偉い人、偏差値の高い大学に出た人が偉い人という価値観が刷り込まれています。小学校の時から個人の力を伸ばす、個の確立と言いながら、それは受験競争主義であり、人の命は大事ですとヒューマニズムをいいながら、学校化適応主義のことです。

男性だけとは現代では言えなくなりましたが、男性のこの競争主義は拍車がかかっています。競争は比較を生みますので、他者より上か、下か、勝ちか負けかが人生の価値基準になっています。実際に男性は集まるとやたらと階級や役職を付けたがります。軍隊組織と同じことをやりがちです。つまりは肩書のことで、役割がないと何をしていいのかわからないのです。

 

このような世界観に縛られているので、人生に躓いたりすると(例えば不登校)、それが汚点となり、それを取り戻そうとします。負けていると思うと勝つまでやるというラットレースから降りられなくなります。この負けた感に囚われているのが引きこもりの人たちと言えるでしょう。こんな人生観であれば、恐ろしくて、固い鎧(学歴、年収、筋力、金(玉)力)をつけてないと異性の前に出られないでしょう。それでずっと女性とのディスコミュニケーションが続くわけです。