生きづらさ、人間関係などAC(アダルトチルドレン)のカウンセリング 千葉県市川市 行徳駅から徒歩5分

行徳セラピールーム 千葉 市川市

ご予約フォームはこちら

受付時間: 9時 ~ 21時(平日)

ホーム » アダルトチルドレンタイプ分類

アダルトチルドレンタイプ分類

機能不全家族の中で育った子どもたちは、家族の中である典型的な役割を担って、その家族の中でサバイバル(生き残り)をしています。

典型的な6つの役割を挙げます。

 ヒーロータイプ(英雄タイプ)

親の期待に応えて、勉強でもスポーツでもなんでも万能にできる子どもです。ヒーロータイプになることで、いつも不機嫌な親がほめてくれる、いつも喧嘩ばかりしている両親が機嫌がいいということでますますがんばります。

 

 スケープゴートタイプ(供儀の羊タイプ)

これは反対に、問題児タイプです。非行や、不登校、病気など、この子さえいなければすべて丸く収まるのにと親に思わせるタイプの子どもです。問題行動を起こすことで仲が冷え切った両親が結束を促して家族の崩壊を防いでいます。

 

 ロスト・ワンタイプ(いない子タイプ)

いるかいないかわからない、忘れ去られた子どもです。問題のある両親から離れて傷つくことから距離を置いています。

 

カウンセラータイプ

いつもため息をついている母親のグチや不満、体調の悪さ、将来の悩みや心配を聞く子どもです。

 

 クラウンタイプ(道化師タイプ)

家の中で緊張が走ると、バカなことしたり、とんちんかんな質問をして、その緊張を和らげる役をしています。

 

 イネイブラータイプ(支え役タイプ)

小さい時から、人の世話をして、もう一人のお母さん役をするタイプです。兄弟の世話や、家事をやったりして、親の代わりをするタイプです。

 

当てはまるタイプはありましたか?

もしあなたが生きづらさを感じているのであれば、1人で抱え込まずに相談してみてください。

無料お試しスカイプカウンセリングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ