「言動に、ハラスメントが多いと指摘される。」
「人の気持ちを考えろとよくいわれる。」
「人からの評判や人からどう思われるかが気になってしようがない。」
「人からの評価や称賛が心から欲しい。」
「世間的な大きな成功が欲しい。」
「負けるのがいやだ。」
「人間関係も損得でしか付き合わない。」
「周りはみんなバカだと思う。」

このような人生観で、考えていたり、行動をしていたりすると、人間関係や家族関係でトラブルや葛藤を抱えやすくなります。

このような人は、好調な時はいいですが、人間関係のトラブルや、人生の挫折をきっかけに、人の目が気になり、外に出られなくなり、ひきこもりがちになり、抑うつ的になります。

また、人を利用するようなこのような人たちの態度や言動に、周りの人たちも傷つけられます(典型的なのがモラハラやパワハラ)。

このような人に、心理カウンセリングは有効に働きます。

ここでは、自己愛性人格障害に関する説明と、その対処法、治療法を紹介します。

また自己愛性人格障害の人が側にいる人たちがどう対応したらよいかも解説していきます。

自己愛性人格障害とは?ナルシスト?

ナルシストな面はどんな人は見られますが、人格障害レベルの人とはどんな特徴を持っているのか解説していきます。

自己肥大している

自分は人よりも特別な才能や才覚を持っていて、それに見合う成功や称賛を受けるはずだと思っています。(何の実績ももっていないにもかかわらず)

自分は高い地位や権力がある人たちと関係を持つべきだと思っていて、特別な計らいを受けて当然だという特権意識を持っています。

自分の目的ためなら人がどうなってもいいと思っている

自分の目的に人を利用すること、不当に扱うことをなんとも思いません。(モラルハラセメントやドメスティックバイオレンスが起きやすい)

周りの人がそのような扱いを受けてどう感じるか、どう傷ついているかということに気が付きませんし、配慮もしません。

嫉妬深く、大柄な態度

自分がもってない物を他人が持っていることの羨ましいさ(羨望)が激しく、それを手に入れるために、相手から奪い取ったり、傷つけたりすることにも躊躇がありません。

人を見下すような、横柄で、傲慢な態度や言動も特徴です。

自己愛性人格障害の人の特徴

横柄で傲慢な態度は、自己愛性人格障害の人の特徴としてあげられますが、以下のような特徴もみられます。

恥の感覚が強い

プライドが高く、面目を保つことが大切で、人からバカにされた、傷つけられたという感覚に敏感です。

人が持っているものを、自分が持ってないことにも、「人が見ておかしいと思うのではないか」、「普通じゃないのではないか」と、持っていないことを非常に恥ずかしく感じます。

虚栄心が強い

横柄で傲慢な態度は、自分の優越性を示すものですが、買った負けた、人より上か下かにこだわり、人が自分のことをどう思っているかが、自分の中身より重視されます。

虚栄心が強く、人に自分が、すばらしく映っているかが大切になります。なので、社会的成功や、成功を表すもの(服や車や装飾品)、肩書きにこだわります。

完璧主義

自分が完璧でないと、自分が欠陥だと思ってしまうので、自分自身の高い自己イメージを保つために、完璧主義になります。

自分は失敗もするし、不完全な人間だと思うと、自分がイメージが壊れてしまい、抑うつ的になります。

失敗を認めない

上の完璧主義と関わりますが、失敗を認めると、自分が完全だというイメージが壊れてしまうので、自分のやった失敗を認めたがりません。

どうしても認めざるを得ない場合は、回避してしまったり、否認してしたりします。

自分が、何が悪かったかを認められない代わりに、他責的なので(「あいつが悪い))、人からの信用を失い、人が離れていってしまうことが多くみられます。

空虚、からっぽ

表面的な成功や、美しさ、人からの評判や、評価を得るための自己顕示にしか価値をおけないので、自分が自分であるためには何が必要なのか、アイディンティティとは何かという、自分自身の一貫性には興味がありません。

また、他者と信頼関係を作る、対等な親密な人間関係作るということも興味がありません。

外の評価が自分の軸になっていますので、自分が本当は何を考えていて、何が真に欲しいのかわかりません。

表面的な評価を取ってしまうと、空っぽで空虚というのがこの人たちの特徴です。

自己愛性人格障害になる構造

このような性格の人は、会社の社長さんや、芸能人、社会階級が上の人に見られます。社会的成功や称賛を手に入れるためには努力を惜しまいので、社会的成功者に多く見られます。

引きこもり、対人恐怖の人たちとの類似性

日本人にはこのような分かりやすい自己愛人格者はあまり見られません。それよりも、多いのは、人生の途中で挫折をした、引きこもりや、対人恐怖になった人たちの人が多いのです。

引きこもりや対人恐怖の人は、人の視線や、人が自分のことをどう思っているかに過敏になって、人が下す世間の評価を恐れて引きこもってしまいます。

引きこもり、対人恐怖のカウンセリングの所でも解説しましたが、引きこもりの人たちの心の構造は自己愛人格障害者と同じです。

ひきこもりの人達は、
「自分は特別な才能が有って、こんなところで終わる人間ではない」
と思いながら、人からどう思われているかが気になって、外に出れなくなっています。

ですので、自己愛人格障害の人と引きこもり、対人恐怖の人はコインの裏表の関係になっています。

自己愛性人格障害の原因

その人が自己愛性人格障害になる原因は、様々考えられます。また、一つだけが原因と特定することも困難です。

ここでは代表的なものを解説していきます。

社会的逆境体験

貧困などの、社会的逆境のために、「ほしいもが買えなかった」、「食べたいものを食べられなかった」、「皆の持っているものをもてなかった」、「それでみんなにばかにされた」、という劣等感や屈辱感を感じます。

それをバネに、「なにくそ、負けてなるものか」とうい負けん気の強さで、社会的逆境を跳ね返して、社会的成功を収めた方にはこのような人格の方が見られます。

ひと昔の、日本では、スポーツ選手や芸能界の人は、このような人が多くいました。

幼少期家族の虐待体験

学童期前の幼少期の子どもは、心の発達の段階で、自分がいかにすごいか、なんでもできるか、という自分の万能感を母親にアピールします。

それを母親は「すごいね」、「よくできたね」、と承認してあげることで、自分の中に、自分で、外のことを出来ると自分の力を確認することが出来ます。

出来なかった失敗も、母親の励ましによって、乗り越えることが出来ます。そうやって徐々に、自分が出来ることと出来ないこと、自分の力の及ぶ範囲というものが分かっていきます。

しかしこの時期に、親から虐待やネグレクトなどがあると、親からの承認を貰えていないので、子どもが持っている、幼少期に感じている、肥大した誇大的な自己イメージがそのまま残ってしまいます(固着してしまう)。

そのような肥大した自己イメージから、自分は限りない才能があるとか、特別な社会的成功や、称賛を求めることになります。

自分が特別で、周りが劣っていると見えるので、態度も傲慢で尊大なものになります。

親の自己愛の延長として育てられた

親が果たせなかった夢、例えば学歴や職業を、子どもを使って晴らそうとする場合、あるいは、自分の職業を子どもの希望を無視して押し付ける場合、子どもは自分の欲望が何かわからず、親の自己愛の延長(ナルシスティック・エクステンション)として、成長してしまいます。

たとえ成功を収めたとしても、親に言われたからやったので、自分の中は空虚で、カラッポです。なので、社会的成功にしか価値を見出せなくなります。

自己愛性人格障害の人の対応法、対処法

自己愛性人格障害の人の周りにいる人は、振り回されたり、利用されたり、傷つけられたりすることが多くあります。

周りの人たちがどう対応したらいいかを解説します。

適切な距離を取る

相手との境界線を引いて、出来ることと、出来ないこと、相手の問題と、自分の問題を分けて、相手の問題であれば、相手に返してきます。またできなことは出来ないとはっきり伝えます。

自己愛の人は、押しが強く、ハラスメントも辞さないで自分の要求を押し通してくる傾向があります。

暴力などに訴えてくる場合は、その場から離れる、逃げるということも考慮に入れる必要があります。

専門家に相談する

今まで相手に巻き込まれたり、傷つけられる関係性が続いていたわけですから、それを自分一人で、相手との関係性を変えるのは困難なことです。

心理カウンセリングを受けて、適切な距離を取るやり方を学び、ロールプレイなどを使い実際に相手と距離を取る会話の練習をします。

また危機状況になった場合、どのように、自分の身の安全を確保するかということもカウンセリングの中で話しあいます。

自己愛性人格障害の治療

自己愛人格障害の人は、自分の成功のために努力を惜しまない人です。調子がいい時は、結果が付いてきているので、周囲が迷惑をしていようが意に介しません。

その人が挫折したり、人間関係に失敗などして、抑うつ状態になったときに治療場面に現われます。

薬物療法

抑うつ状態であれば、抗うつ剤が処方されますし、過度の興奮や衝動性がある場合は躁や興奮を抑える炭酸リチウムが処方されます。

本人の今の状態に合わせて、主治医に相談して、適切な処方を出してもらう必要があります。

心理カウンセリング

自己愛人格障害の人は、他者への共感や、自分の言動に対して、人がどう感じるか、傷つてしまうかということに思いが及びませんので、他者はどう考えるだろう、どう感じるだろうかという人の気持ちになって考えてみる能力を付けていきます。

また、現実的にはあり得ないの、社会的成功や、称賛を求めることを、現実的なものへ、変化させていきます。

現実の受容と、現実検討能力を身に着けていきます。

自己愛性人格障害に対する大崎セラピールームのカウンセリング

カウンセリングで、自己愛性人格障害の人が変容していくには、時間がかかります。

誇大自己の受け入れ

セラピーをする中で、セラピストを自分の理想像として生きます。その理想の人が自分の夢、成功を叶えてくれると思って、承認を求めます。

その自己肥大した理想を、セラピーの中でセラピストは受け入れます。そのプロセスが、傷ついた母親との関係の繰り返しになります。実際の母親との関係では、その誇大した自己愛は傷つけられてしまったので、傷つけられない関係を体験していきます。その中で関係性も出来上がっていきます。

鏡の中の自分との関係をつくる

セラピストは自分と似ている、自分と同じ感性や考え方かもしれない。と、セラピストを自分の鏡のように受け取ります。

自分の思ったことは、セラピストも同じに考えている。絶対的なサポターであり、支持者だと感じるようになります。

こうした時期を得て、自分の中に、自分を支持してくれる人を内在化していきます。

と同時に、徐々に、セラピストもひとりの人間で、相手の都合もあるのだと、理解していくようになります。

現実検討が出来るようになる

人には人の都合があって、自分とは違う存在だと、徐々に人の立場を考えるようになっていきます。

それと同時に、肥大した自己愛が、現実的なものになっていき、自分が出来ることと出来ないことが理解出るようになり、自分の現実的な目標などを設定していくことが出来るようになります。

グループ療法の利用

自己愛人格障害の人は人が何どう感じているか、興味にありませんし、分かりません。グループに参加することで、人がどう考えているか、感じているかを、聞き、感じる練習になります。

また、セラピストは自分だけを見ていてくれて賛同者だと思っていられた、鏡のような二者関係から、他の人もいて、他の人もセラピストから支持を貰っているのだと理解していけるようなります。

その過程は、二者関係から三者関係へ移行する、社会生活に必要な人間関係を形成させていく、練習にもなります。

その人の人間関係の成熟にグループ療法は有効に働きます。

効果

自己愛人格障害の人のセラピーには変化は時間がかかります。ですが、時間をかければ効果は表れます。

セラピーが有効に働くと
・不安や心配が軽減していきます。
・孤独感が癒えていきます。
・人の評価や評判がそれほど気にならなくなります。

メリット

セラピーが有効に働くと
・過度な成功や称賛を求めなくても満たされた感覚が生まれます。
・他人と親密な関係を作れるようになります。
・現実的に人生の目標を持ち、それに向かって努力してくことが出来ます。

費用

自己愛人格障害の人の変容には、年単位の長期にかかると考えてみてください。

最初の6回くらいで、今何に困っているか、セラピーでどう変化していきたいか、目標設定の時期と考えてください。(2週間に一回、約3ヶ月、6万円)

またこの時期は、セラピストとの同盟関係・信頼関係を作る時期でもあります。

次の6回から12回を、目標や課題に向かって取り組む、時期と考えてください。(2週間に1回、約6か月、12万円)

次の6回で、現実に着地して、社会へ戻っていく、実践期と考えてください。(2週間に一回、約3ヶ月、6万円)

また適宜、必要な時は、大崎セラピールームのグループワークに参加してもらうことがあります。

自己愛性人格障害に悩んでいる方、大崎セラピールームにご相談ください。

自己愛性人格障害の人の、自分の自己中心的な生き方も、幼少期の家族関係をみると、生き抜くうえで、そのような人格が出来上がってしまったと考えられます。

このような人は、社会的成功を収めもしますが、反対に、何かの躓きや、挫折で、心が折れてしまい、抑うつや対人恐怖になってしまうというパターンが多く見られます。

しかし、自己愛性人格障害の人は、反面、成功のためには努力を惜しまない人です。

その力はその人の能力であり、生き抜く力なのです。その力を、虚栄を満たすことではなく、自分の真の人生の目標に向かって、力強く生きていく事は可能です。

大崎セラピールームでは、今まで生きのびてきた力を使って、自分らしい野心にあった人生を送ることをお手伝いさせていきます。

また自己愛性人格障害の人が家族にいたり、職場の上司だったり、近くにいると、巻き込まれたり、傷つけられたり、利用されたり搾取されたりしがちです。大崎セラピールームでは、自己愛性人格障害を持つ家族の方や、近くにいてどう対応していいか分からない人にもセラピーを行っています。

ご気楽にご相談ください。